インフラとして重要な水道工事

人間の生活に水は絶対に必要です。普段何気なく使っている水も、どういった経路でくるのかは、よく知らない人もいるでしょう。水を使うためには水道 工事をおこない、本管から敷地内へ給水管を引いてくることになります。どこまでが水道局の管理範囲となり、どこから個人所有となるのか知っておく必要があります。

■公道と宅内の違い

水道工事は給水と排水に分けられます。給水工事をおこなうとした場合、公道側から止水バルブまでが水道局の担当です。排水も同様の範囲と考えて大きな違いはありません。止水バルブから宅内側は自分の責任の範疇となります。水道局の管理範囲であれば、トラブルがあっても自分で工事をする必要がありません。水道局へ連絡すれば対処してもらえます。
しかし、担当する部署は給水と排水で異なる場合があります。施工する事業者も異なることが多いのは、給水と排水ではまったく別の工事内容になるからです。給水工事と排水工事の両方を行えるところもありますが、中にはどちらかにしか対応していないこともあります。水道工事を依頼するときは、事業者によって対応範囲が異なることを忘れてはいけません。

■メーター設置には資格も必要になる

大事なことは、給水装置を取り付けるには、資格がなければいけないところでしょう。公道などの地下に埋設された水道管に接続するため、ルールなく施工すると公正なものになりません。水道料金にもかかわるため、指定された事業者以外はできないようになっています。
水道管は公共インフラであることからも、技術的にしっかりしたところがおこなわなければいけません。そのため、主任技術者の専任なども条件として義務付けされています。


■まとめ
水道はライフラインとしても、社会的なインフラとしても、重要な意味を持っています。問題が出てきてしまえば、社会的に仕組みが崩れてしまうでしょう。大事な存在だからこそ、決めごともたくさんあります。工事を依頼するときにも、要件を満たしたところに依頼しなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ