水道工事会社で給湯器の交換を考える時期

給湯器にもトラブルは起きます。問題が起きたときでも、修理ができれば費用も抑えられるでしょう。しかし、いつまでも修理できるわけではないため、使用期間が長くなれば給湯器 交換も必要になります。給湯器を新品へ交換するのであれば、費用は修理よりもはるかにかかるでしょう。給湯器の交換が必要になるのは、どんなタイミングなのかを考えてみなければいけません。

■給湯器に訪れる寿命

給湯器を含め、必ず寿命があります。機械として当然ですが、給湯器はメンテナンスフリーでも、永遠に壊れないものでもありません。いつか水道工事会社で交換しなければ使い続けることができなくなってしまいます。
故障は機械としての宿命的部分ですが、個体差もあるため、絶対にここで壊れるという線引きはありません。しかし、修理ができなくなったときという条件で置き換えると、取り付けて10年程度で部品の製造が終わることが多いです。修理で必要な部品が手に入らなくなってしまえば、交換しかできないでしょう。これが寿命にもつながります。



■10年の線引きの意味は

10年が給湯器の使用年数の目安となっている理由の一つに、新製品の発売が挙げられます。給湯器メーカーはいつまでも古い製品で製造ラインを埋めていくわけにもいきません。本体の製造をやめても部品は供給し続けますが、生産から10年を目安に交換用部品の製造も終了となります。
中にはこれ以上長く使える給湯器ももちろん存在します。大切に使うことは必要ですし、メンテナンスもしなければいけません。使用環境で差も出てきますが、基本的には10年程度経てば機能的にも新品へ交換した方が良い時期にはなるでしょう。


■まとめ
給湯器だけではなく、機械はいつか必ず壊れます。これは逃れられない事実です。給湯器の使用年数が10年以上のタイミングで何らかの不具合が発生した場合、水道工事会社に早めの交換を依頼するのも大切な選択になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ