水道工事会社に依頼しなければいけない場所

どんなところでも問題が起きれば、修理を考えなければいけません。そのためには、原因は何かをつかまなければいけないでしょう。トイレの水漏れも同じように原因を探し出さなければいけません。タンクから水漏れを起こしているときにも、仕組みを考えて対処を検討する必要があります。

■タンクの中の部品は劣化しやすい

トイレの水漏れを見ると、劣化が原因となってしまう場所は、圧倒的にタンクの中が多いでしょう。水に浸かっていることで劣化が進むものが多数あるからです。特に劣化するのが、フロート弁とボールタップです。
この辺りは、ホームセンターでも手軽に手に入れられる部品です。自分で交換することもできる範囲のため、定期的に状態を確認しておくといいでしょう。取り外しも簡単で、特別な工具も必要ありません。



■排水周りの水漏れは大変

トイレの水漏れで、水道工事会社などを頼まなければできないのは、排水の水漏れでしょう。便器の下部と床の取り合い部分から汚水が漏れだしてきているときには、排水管に取り付けられているパッキンが劣化している状況です。
単純に劣化したパッキンを交換すれば済みますが、そのためには便器を外さなければいけません。工具が必要なだけではなく、知識もなければ対応できないでしょう。水道 工事会社のように専門でなければ、時間もかかりますし、パッキンもしっかり取り付けられません。便器自体も古くなっているため、トイレのパッキン交換時期は、新しい便器に交換を考えるのに適したタイミングでもあります。

■まとめ
トイレの水漏れは、場所によって難易度が大きく違いが出ます。簡単にできるところもあれば、専門家の知識が必要になるところまでかなり広範囲になるでしょう。知識があったとしても、簡単にできない場合も出てきます。無理をしても、失敗すれば意味がなくなるため、自信がない場所は、水道工事会社に依頼してしまいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ