蛇口の修理も不安があったら水道工事会社に依頼

水道に取り付けられる蛇口は、水量のコントロールをするためにはなくてはなりません。節水にも効果があるものが出てきていますが、高機能な蛇口は細かな部品で構成されています。また、蛇口の内部にはゴムパッキンなどの消耗品があり、水漏れが出てきたときには、これらを交換する必要があります。それでも水漏れが止まらない場合には、蛇口 交換が必要になるでしょう。

■蛇口から水漏れが起きる原因

水を使ううえで、蛇口は大事な部分です。給水管には水を送り出すために圧力がかけられており、蛇口はその水圧に常に耐えているため、パッキンやコマ、カートリッジなどの消耗品が劣化することでわずかな隙間が生まれ、そこから水漏れを起こすことがあります。
パッキンなどは、使っていなくても劣化が進みます。ゴムでできたパーツになるため、時間とともに弾力性も失うからです。しばらく使っていなかった水回りの設備を使おうと思ったら、水漏れが激しくなってしまったというのも、この劣化が原因です。

■蛇口交換を考えるタイミング

蛇口を交換しなければいけないタイミングもあります。設置から長期間使用し、頻繁にトラブルを起こすようになれば蛇口の交換を考えるべきです。ハンドル周りも水漏れしやすくなり、パッキンを交換しただけでは水漏れをカバーできなくなります。消耗品を交換しても直らない状況になるため、修理を繰り返すよりも交換してしまった方がストレスなく使用できます。
最近では、高機能な蛇口もいろいろとあります。交換するときにはどのような蛇口を取り付けるか考えてみてもいいでしょう。蛇口の交換を行う場合は、水道工事会社に依頼した方が安全です。


■まとめ
水道工事すべてにいえますが、確実に修理しなければいけません。水はわずかな隙間でも漏れてくるため、パッキンなどでも間違わずに交換が必要です。高機能なものを含めて、少しでも不安があるのであれば、専門業者に依頼して修理してもらうといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ